膣のゆるみは早期に気づいてすぐに対策|ゆるみ治して性交も成功

Drink tea

原因は筋肉の衰え

Feeling fresh

女性、特に恋人を持つ女性を悩ませる「膣のゆるみ」。普段歩いていてもふいに尿漏れが起きますし、性交時には自分もパートナーも満足感が得られずにセックスレスになってしまう可能性もある、深刻な症状です。膣のゆるみは、筋肉が衰えていることが大きな原因だといわれています。

膣のゆるみに大きく関係してくる筋肉は、骨盤底筋群。この骨盤底筋群は、例えば出産によりゆるんでしまうことが考えられます。妊娠中、どんどん大きくなっていく赤ちゃんを支えているのはこの骨盤底筋群。その間、骨盤底筋群はどんどん引き伸ばされていくことになります。出産後、骨盤底筋群は収縮していきますが、収縮しきれず、弛緩したまま残ってしまう場合があります。そうなると、膣のゆるみへとつながります。

骨盤底筋群を衰えさせる原因はほかにもあります。たとえば加齢ですが、加齢により全身の筋肉が少しずつ衰えていきますが、これはもちろん骨盤底筋群も例外ではありません。年齢を重ねていくごとに、膣のゆるみのリスクは高くなっていくといえます。
また、姿勢の悪さも骨盤底筋群を衰えさせる原因です。姿勢が悪いと腰やおしりの筋肉があまり使われなくなるため、骨盤底筋群がだんだんと衰えていきます。姿勢をきちんと正すことで筋肉がしっかり使われるので、膣のゆるみを予防できるといえます。

これらのうちであれば、出産や加齢は仕方のない原因といえるかもしれませんが、姿勢を正すことはいつでもできること。正しい姿勢で座り、立つときも片足に体重をかけるなどしないことで骨盤底筋群をしっかり使うことができ、膣のゆるみを予防できるといえます。また、ウォーキングなど適度な運動を欠かさないことも膣のゆるみ対策として非常に有効です。