膣のゆるみは早期に気づいてすぐに対策|ゆるみ治して性交も成功

Feeling Fresh

要注意

Women ride bike

体の悩みというのは、人にはなかなかいえないもの。男性もそうですが、女性となるとさらに人にはいえないものです。
なかでもデリケートゾーンの悩みは、非常に気を張ってしまうもの。尿漏れはある程度対処できるかもしれませんが、その先に、「膣のゆるみ」があるかもしれません。

尿漏れにはさまざまな原因がありますが、そのうちのひとつは膣のゆるみ。それだけならまだいいかもしれませんが、膣のゆるみは女性としての自信にも関わってくる大きな問題です。例えば、性交時の話。パートナーが紳士で、口には決して出していないのだとしても、もしかしたら、膣がゆるくてあまり感じていないかもしれません。

そうなると、直接いわれるよりもショックかもしれません。今まで、相手を満足させてあげられていなかったというわけですから。
また、自身の感度が以前より落ちていると感じているなら、膣がゆるんでいるかもしれません。

ほかにも、尿意を我慢できる時間がだんだん短くなってきた、夜中トイレで起きる回数が増えてきた、といった兆候が見られるようなら要注意です。
また、ヒップラインが下がってきていると感じているなら、膣のゆるみに深く関係している骨盤底筋群がゆるんでいる証拠です。
入浴後、膣からお湯が漏れてくるようなことがあれば、普段は閉じているはずの入り口が開いてしまっているということ。やはり、膣のゆるみが起きている可能性があります。

膣のゆるみは、病院を受診することでさまざまな治療法から選んで治療してもらうことができるほか、運動をするなどして自身である程度対処することもできます。

原因は筋肉の衰え

Feeling fresh

膣のゆるみは、女性にとっては自信にかかわってくる問題でもあります。この原因は、出産や加齢、姿勢の悪さなどにより骨盤底筋群が衰えること。しっかり姿勢を正し、運動を欠かさないことで予防できます。

Read More

適度に筋肉を使う

Women Smile

膣のゆるみは、妊娠や加齢など以外にも原因があります。肥満や便秘は大きな原因のひとつで、骨盤底筋群を伸ばし続けることで膣のゆるみにつながります。また、立ち仕事をしている人も注意が必要です。

Read More

トレーニングで解決

Feeling comfortable

膣のゆるみを解消するためには、骨盤底筋群を鍛えるようにしましょう。ランニングや水泳などの有酸素運動によって鍛えることができ、また、インナーボールを使ったトレーニングでさらに効果的に鍛えることができます。

Read More